”先ず 四表の静謐を 
祈るべきものか”

日蓮聖人御遺文
「立正安国論」

日蓮宗兵庫県東部布教師会からのお知らせ


令和2年度日蓮宗兵庫県東部布教師会主催 御遺文輪読会の案内

令和2年度の御遺文輪読会は以下の通りです。本年度は合計8回開催予定です。 当会発行の「声に出して読みたい日蓮大聖人のお言葉」を元に、各回毎にテーマを決めて輪読し、解説をいただきます。

【講義内容】1回読みきりの御遺文を毎月拝読致します。  
【持物】「声に出して読みたい 日蓮聖人のお言葉」、平成新修御遺文集、平楽寺版『真訓両読 法華経並びに開結』 
【講師】伊丹市 妙興寺住職 倉橋 観隆上人 
【会場】兵庫区 妙法華院(特別な事情の場合のみご案内致します)
  詳細のお問い合わせは、妙法華院又はメールにて e-mail : info@fukyoshikai.net

「寶樹みくじ」先行予約開始のおしらせ

日蓮宗兵庫県東部布教師会では日蓮大聖人降誕八〇〇年記念事業として、法華経、日蓮大聖人御遺文、30番神に注目した独自のおみくじ「寶樹みくじ」を作成中です。小﨑 侃(こざき かん)先生による素晴らしい30番神の版画をふんだんにつかった、美しいみくじに仕上がる予定です。
 本年11月頃の完成・販売開始に先立ちまして、先行予約の受付を開始いたします。8月末日迄のお申込みで、特別価格を設定しておりますので、ご興味のある方は是非ご利用ください。

布教師会について

本会は布教伝道と研修を目的とする、日蓮宗兵庫県東部宗務所管内の組織です。管内教師向けの研修会の開催、各御寺院、機関への教師派遣法話、又、印刷物、インターネット等様々な媒体での発信により、佛様の教えをより広く伝えることを目的としております。

兵庫県東部布教師会会長:新間 智孝(兵庫県神戸市 妙法華院)

お問合せは  : info@fukyoshikai.net

日蓮宗について

日蓮宗は、如来の使であり改革者であった日蓮聖人(1222-1282)によって、始められました。お釈迦様の、最高の教えである「法華経」という経典を、日蓮聖人は深く信仰され、そして「南無妙法蓮華経」という「お題目」をお唱えすることが最大一の修行であるとお示しになられました。「南無妙法蓮華経」は、深く法華経に帰依しますという意味です。 釈尊は全ての生き物が生来持っている仏性を磨き、永遠の真理と調和して生きる道を示して下さり、そしてその御使者こそが日蓮聖人であります。 私達は法華経の教えを弘めることによって、私達自身と世界中に平和がもたらされるよう努力することを、お釈迦様と日蓮聖人にお誓いし日々精進することが大切です。

© 2020 本ウェブページに関する著作権は日蓮宗兵庫県東部布教師会にあります